消費者金融の借り方

気になるキャッシングの審査基準について

キャッシングの申し込みにあたっては金融機関による審査を通過しなければなりません。 キャッシングの審査ではどのようなことが見られているのでしょうか。 まず、審査項目でもっとも重要なポイントは「信用情報」です。 信用情報とは申込者が過去や現在において金融事故を起こしていないかという情報です。 例えば過去に別の業者から借り入れをしていて、その返済が遅滞していたり、滞納があったりする場合には信用度が低いという理由で融資を断られることがあります。 滞納が度々あったり、返済できなくなって債務整理を行った場合にはブラックリストに事故情報が記載されてしまいます。 この状態になると、今後数年間は融資が受けられなくなってしまいますし、クレジットカードの発行もできなくなってしまいます。 また、返済自体に問題がなくても現在において複数の業者から多額の借り入れがある場合には新たな融資を受けることが出来ません。 これは総量規制という制度によるもので、すでに年収の3分の1に当たる金額を借りている場合には、それ以上の融資は受けることができません。 信用情報に問題がなければ属性の情報が審査されます。 これは年収がいくらあるかといったことや、どんな仕事に就いているかといった情報です。 年収が多いほうが返済能力が高いと判断されるので審査が通りやすくなりますし、安定性が高く離職率の低い仕事のほうが評価が高くなります。 さらに、マイホームを持っていると審査に通りやすいということもあります。 マイホームを購入するにあたってほとんどの人は銀行の住宅ローンを利用するわけですが、その際に消費者金融より審査基準の厳しいローン審査を通過していることで信用力があると評価されるからです。

アイフルの店舗/ATMの案内を見て自分のライフスタイルに合わせて借りよう

お金借りたいときのお金を借りる方法とは大手の消費者金融などでお金を借りることです。 アイフルの店舗は比較的全国にあり、店頭に直接行っても利用しやすい消費者金融の1つになります。 店舗ではなくても、無人契約機などもありますので、家の近くにそちらがあればそこから申し込みが可能となります。 消費者金融ので融資が自分に可能かどうかを調べたい時には、インターネットのホームページから1秒診断を行うことも可能です。 申し込みは店頭、無人契約機の他にどこからでも契約ができる、インターネット契約もあります。 インターネットであれば時間も場所も選ばないので、少しアイフルから離れたところに住んでいる方や、仕事で忙しい方にはオススメの消費者金融です。 申し込みの時間帯によっては夜間などは難しいこともありますが、午前中などの早い時間帯であれば即日融資も可能となります。 今、様々なところから借入があって、そのお金をまとめたい時にはおまとめローンを利用することもできます。 返済の時やお金を引き出す時のATMも心配することはありません。 振込で返済や引き出し可能ですし、提携先のATM、コンビニ、口座振替などもできます。 その方のライフスタイルに合わせて、自由に好きな返済方法を選ぶことができるので、不自由なく利用することができるでしょう。 アイフル店舗での返済に関しては手数料無料で行うことができます。 他の提携先では所定の手数料がかかります。 今だと知り合いのお客様を紹介することで1万円のクオカードをプレゼントするキャンペーンも実施中です。


>>  消費者金融の借り方はコチラ【初めてのお金の借り方.com】